知らなきゃ損する!アルコール消毒液でかゆみや手荒れに悩んでいる人は必見

新型コロナウィルスの対策として、アルコール消毒液が多くのところで頻繁に使われています。よく目にするようになったのは、スーパーの入り口でアルコール消毒スプレーをする人を目にします。ですが、体質的にアルコールに対して拒否反応を示す苦手な人がいるのも事実です。

アルコール消毒液に触れただけで、

  • かゆみ
  • 発疹が出る
  • 手荒れ

重たい人では、呼吸困難に陥いる恐れもあるそうです。

こういった症状がある人はアルコール過敏症やアルコールアレルギーによるために症状として起きるそうです。

では、こういった人が新型コロナウィルスの対策、殺菌効果を求めるとしてどうしたら良いのでしょう?

厚生労働省は先日に次のようなアルコール消毒液に変わる広告を出されました。

             引用元;厚生労働省
アルコール消毒液を使用しなくても、手洗いを丁寧に行うことで、十分にウィルスの除菌、除去ができます。との新型コロナ対策に必要な広告です。よく見ていくと、アルコールよりも熱水や塩素系漂白剤が有効とあります。
ハイターやブリーチなどの作り方を表にまとめて作られていますね。では・・・

次亜塩素酸水が必要とされている理由

アルコール消毒液に苦手意識を持ったかゆみ、手荒れに悩んでいる人で、ハイターやブリーチなどの強アルカリ性の漂白剤にもかゆみや、手荒れに悩んでいたらどうしたら良いのでしょう?

次亜塩素酸水が今、最も必要とされている理由はココにあると思います。

理由1 安全性

ハイターやブリーチといった次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水の似ても似つかない大きな違いは、安全性です。
違いの原因にpHの違いがあります。
  • 次亜塩素酸水のpHは5.0~6.5の弱酸性
  • 次亜塩素酸ナトリウムはpH12以上の強アルカリ性
強アルカリ性の危険性が肌に触れると、やけどをしたようなケロイド症状を起こすこともあります。
なので、薄めてくださいと言っているのです。
薄めても本当にお肌が弱い敏感なあなたが、悩んでいるのはココですよね。
次亜塩素酸水はお肌にもとっても優しいお水です。

理由2   除菌と殺菌力のちがい

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムにはそれぞれに除菌力と殺菌力があります。ですが、除菌力に大きな違いがあります。
次亜塩素酸ナトリウムは菌に対して外側を攻撃していきます。
次亜塩素酸水は、菌の外側はもちろん、内側にも攻撃をしていきます。
そのため、除菌の殺傷能力は次亜塩素酸ナトリウムの約80倍の除菌力があると言われています。
しかも、アルコールでは除菌ができないとされた、ノンエンベロープウイルスは、この次亜塩素酸水なら、99.9%以上の殺菌効力が認められています。

まとめと私の思い

今、新型コロナウィルスの感染拡大を自分もなんとか止めていきたいと思い、このサイトを立ち上げました。
次亜塩素酸水は今、医療現場でも利用が増えてきています。
新しい次世代の抗ウィルス対策として最も注目をされけきている除菌水ジーアの次亜塩素酸水を使って、一緒に新型コロナウィルスの撃退をあなたもしていきましょう!!